スピードスケートの全日本スプリント選手権最終日は29日、長野市エムウェーブで行い、女子は初日首位の小平奈緒(相沢病院)がトップを守り、合計151・595点の大会新で2大会ぶり5度目となる総合優勝を果...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)