韓国南部の釜山市東区庁などによると、釜山の日本総領事館前の路上に28日午前、市民団体が従軍慰安婦の被害を象徴する少女像を設置した。30~40人の市民団体メンバーらが周囲に座り込んだが、東区の職員がメン...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)