25年ぶりのリーグ優勝を飾った広島は今オフ、ドラフト指名以外で日本人選手の補強をしなかった。連覇を目指す来季は、「ポスト黒田」が課題となる投手陣を中心に現有戦力の成長が必須。強化責任者の鈴木清明球団...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)