2020年東京五輪・パラリンピックの費用負担を巡り、東京都以外で会場となる札幌市など4政令指定市と6道県の10自治体は26日、仮設施設の整備や大会運営の費用を従来の方針通り、大会組織委員会が負担する...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)