熊本県は27日、南関町の養鶏場の鶏からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたとして、飼育する約9万3千羽の殺処分を始めた。26日の簡易検査で陽性反応が出たため遺伝子検査を進めていた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)