サッカーの第38回皇后杯全日本女子選手権で2連覇を果たしたINAC神戸の監督と選手、関係者らが26日、神戸市中央区の神戸新聞社を訪れ、高士薫社長らに優勝を報告した。  INAC神戸の同杯優勝は6度...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)