将棋棋士、三浦弘行九段が対局中にコンピューターソフトを不正に使用した疑惑が指摘された問題で、日本将棋連盟が設けた第三者の調査委員会(但木敬一委員長)は26日、「不正行為をしたと認める証拠はない」とする...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)