沖縄県の翁長雄志知事は26日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、沿岸部の埋め立て承認を取り消した自らの処分の撤回手続きを行った。移設の是非を巡る政府との訴訟で20日に敗訴が確定...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)