先行逃げ切りのもくろみが外れ、女子・西脇工は前半を終えてトップと46秒差の11位。初優勝は遠のいたが、真骨頂はここからだった。逆襲のたすきを受けたアンカー後藤は留学生ランナーとトラック勝負。2度のス...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)