2020年東京五輪・パラリンピックの競技開催地となる神奈川県や宮城県など10自治体の首長らは26日、東京都庁を訪れ、仮設施設の整備費は大会組織委員会が負担するとした招致時の原則を確認するよう求める要請...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)