日本相撲協会は26日、大相撲初場所(来年1月8日初日・両国国技館)の新番付を発表し、32歳の玉鷲と25歳の正代が新関脇に昇進した。  玉鷲は初土俵から所要77場所で史上5番目の遅さ。モンゴル出身で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)