平日の午前中から約1時間、精力的に佐賀城公園のお堀を走り込む。8月のリオ五輪テコンドー女子57キロ級に出場した濱田真由選手(佐賀市川副町、ミキハウス)。4年後の東京五輪を見据え、いまは一から体づくり...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)