東日本大震災で揺れた青春に、一つの結果を刻んだ。福島県から東京に来て4年目の松本竜也(角海老宝石)が、23日に東京・後楽園ホールであった全日本新人王決定戦のスーパーバンタム級で、判定1-2の僅差で敗...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)