南米初開催のリオデジャネイロ五輪は、南半球の冬から春へと季節が移る中で開かれた。205の参加国・地域、約1万1千人の選手団は、ともに史上最多。日本選手団にとっては、2020年東京五輪を占う前哨戦でも...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)