平均身長の5センチの差を埋めようと、持ち前の走力で山形商に立ち向かった清和。しかし、48-76の大差で敗れ、貞松大監督は「いくら速くても、決定率が悪ければこういう試合になる」と天を仰いだ。  序盤...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)