実力派ランナーが存在感を放った。23日、岡山市で行われた第35回山陽女子ロードレース大会のハーフマラソンには来年8月の世界選手権マラソン代表を狙う国内の有力選手が参戦。年明けから本格化する選考会の“...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)