12月上旬に行われた柔道の国際大会グランドスラム東京で、一つの場面に目がとまった。優勢勝ちした男子のある外国人選手が、対戦相手にまたがった状態でガッツポーズと雄たけび。喜ぶ気持ちは分かるが、敗者への...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)