東京都の小池百合子知事は22日の定例記者会見で、選挙で掲げた政策の実現に向けて策定した新たな4カ年計画を発表した。待機児童の解消に向け、2019年度末までに保育サービスの利用児童数を7万人分増やすこと...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)