皇后杯準決勝に臨む仙台Lを万感の思いで見守る男性がいる。正木コーチ。発足から5年、ピッチ内外で選手を支え続け、千葉監督と共に今季限りで退任する。「あと一歩で勝てるようになってきた」。悲願の頂点へ、最...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)