ミャンマー西部ラカイン州でイスラム教徒少数民族ロヒンギャが迫害されている問題で、ミャンマー政府は21日、国際的な批判の高まりを受け、共同通信など一部のメディアに対し、破壊された村々への立ち入りを認めた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)