スピードスケートの全日本選手権最終日は21日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで男女の後半2種目を行い、男子はウィリアムソン師円(日本電産サンキョー)が総合3連覇を達成した。女子は高木美帆(日体...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)