政府は高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃炉を正式に決定した。1兆円以上の国費を投じ、核燃料サイクル政策の一翼を担うとして期待された「夢の原子炉」は、わずか250日の運転でその役割を終える。日本...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)