北海道は12月20日、十勝管内清水町の養鶏場の鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受けて殺処分した鶏約28万羽の埋め立て処分が、同日午前7時に完了したと発表した。高病原性ウイルス...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)