日銀の黒田東彦総裁は20日、金融政策決定会合後に記者会見し、長期金利を0%程度に誘導する目標を維持すると強調した。国内景気の現状判断は、海外経済の改善で輸出や生産が持ち直したことを受け「一歩進めた」と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)