宮崎県は20日、川南町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザウイルスが発生したとして、飼育する約12万2千羽の殺処分を続けた。この養鶏場から半径3キロ圏内を、鶏や卵の移動を禁じる区域としたほか、同3~10...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)