九月のリオデジャネイロ・パラリンピック競泳男子で四個の銀・銅メダルを獲得した栗東市出身の木村敬一選手(26)が十九日、草津市の矢倉小学校で講演した。「もう無理だと思うまで一つのことをやりきれば、新し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)