黒田にとってドジャースで4年、ヤンキースで3年の米大リーグ時代は「苦役」だったという。年俸総額が100億円を超えた7年間は常に重圧が付きまとい、言葉や文化の壁にも苦しんだ。支えとなったのは自分と闘い...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)