八戸工業大学(長谷川明学長)などが開発中の橋梁(きょうりょう)検査ロボット「アラネウスII」の実証実験が19日、青森県八戸市の八戸大橋で行われた。地元の建設関連企業や国、県などの関係者約20人が参加...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)