駅に近い場所に多機能複合型のスタジアムやアリーナ整備を目指す動きが京滋で起きている。行政が多額の税金をつぎ込んできた体育施設から、民間と連携して「稼げる」集客施設へ-。スポーツを成長産業と位置付ける...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)