平成三十三年に第七十六回国民体育大会「三重とこわか国体」の開催を控える県内で次代を担う若手の発掘、育成が始まっている。体力テストを通して将来性のある選手を発掘し、適性にあった競技や種目を紹介する取り...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)