1964年東京五輪のマラソンで銅メダルに輝いた円谷幸吉(福島県須賀川市出身、40~68年)が、自死の1カ月前に友人に送った手紙が保管されていることが分かった。翌68年のメキシコ五輪出場を目指しながら...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)