冬のブラジルの祭典から4カ月がたち、日本にも冷えた季節が訪れた。リオデジャネイロ五輪で4連覇を逃したレスリング女子53キロ級の吉田沙保里(至学館大職)は当時も今も、同じ言葉で決勝の悲劇を振り返る。「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)