北朝鮮は17日、金正日総書記の死去から5年を迎えた。国連安全保障理事会が北朝鮮の5回目の核実験を受け新たな制裁決議を採択して半月余り。厳寒の首都平壌では追悼ムードが漂う一方、市民らは「自力」による経済...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)