北海道清水町の養鶏場の鶏から高病原性のH5型鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、北海道は17日、養鶏場で飼育していた約21万羽の殺処分を始めた。自衛隊にも派遣を要請して約700人を確保し、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)