今年もあと半月。青森市桑原の青龍寺で15日、「昭和大仏」のすす払いが行われ、関係者が1年の感謝と新年への願いを込めて大仏を清めた。  職員や信者ら9人が約6メートルのササ竹を手に、高さ約21メートル...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)