各国の愛好家が集う世界シニアバスケットボール交流大会(FIMBA)の2018年ワールドリーグの開催地に、松江市がアジアで初めて選ばれた。FIMBA本部のジェリコ・パブリセビッチ理事が14日、溝口善兵...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)