ノーベル賞授賞式を終えた大隅良典(おおすみ・よしのり)・東京工業大栄誉教授(71)が14日、帰国し、羽田空港で記者会見した。一番印象深かった出来事として、ノーベル財団の色紙にサインしたことを挙げ、「科...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)