前回は2年連続で最優秀競技者賞(MVP)に輝いた大西ら一般勢と高校生の活躍で、20年ぶりの準優勝を果たした。安定感のある一般、高校生で、経験の浅い選手の多い中学生区間や層の薄い女子区間を補い、2年連...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)