年末年始に鉄道利用客が増えるのを前に鳥取県のJR米子駅で13日、刃物を持った男が暴れる事態を想定した不審者対応訓練が行われ、駅員と警察官との連携を確認した。 不審者役の警察官(右)に刺股で対応する...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)