リオデジャネイロ五輪男子400メートル障害に出場した松下祐樹選手(25)が12日、母校の小田原市立国府津小学校を訪れ、夢をかなえるには強い気持ちを持つことが大切と語った。600人を超す児童や住民らが...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)