千葉県成田市の成田山新勝寺で13日、新年に向けて仏像やお堂を清める恒例の「すす払い」が行われ、僧侶と職員が1年間たまった汚れを丁寧に落とした。日の出前の午前5時半ごろから、作務衣(さむえ)にマスク姿の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)