愛知県は12日、名古屋市の東山動植物園で死んだコクチョウ3羽が確定検査の結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)に感染していたと確認した。東山動植物園は、他の鳥類の殺処分はしない考え。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)