世界王者が貫禄の演武で2020年東京五輪へ弾みをつけた。空手の全日本選手権最終日は11日、東京・日本武道館で行われ、男子個人形で10月の世界選手権2連覇の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が初戦から全4試合を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)