2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、参加国の選手や関係者と交流する「ホストタウン」の登録が京滋で広がっている。自治体がゆかりのある競技を切り口に相手国を定めて交流計画を政府に申請する仕組みで...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)