韓国国会による弾劾訴追で職務停止となった朴槿恵大統領について、憲法裁判所が罷免の可否の判断を急ぐ姿勢を見せたことで、次期大統領選が来春に実施される可能性が浮上、野党系の有力候補は10日、選挙へ向けた動...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)