球団から2018年以降の米大リーグ挑戦を容認された日本ハムの大谷翔平投手(22)が9日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で報道陣に対応し、大リーグの新労使協定で25歳未満の外国人選手の契約金が制限されること...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)