経済産業省は9日、東京電力の経営再建などを検討する「東電改革・1F(福島第1原発)問題委員会」(東電委員会)の会合を開き、福島第1原発事故の廃炉や賠償など対応費用が総額で、これまでの想定の11兆円から...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)