消防や警察など防災関連の仕事に携わるマレーシアの若手人材が四国4県で日本の防災対策を学ぶ研修が8日、始まった。愛媛県松山市文京町の愛媛大で研修員がプレゼンテーションし、自国の防災面の課題や研修で学び...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)