入場客の減少、メディア露出の低下、スポンサー撤退―。チームを運営する大分フットボールクラブ(FC)は経営改善に取り組む中、J3降格で再び逆風に見舞われた。避けて通れないおカネの問題は、J2復帰で明る...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)