二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの会場の見直しを巡り、「日本車椅子バスケットボール連盟」の玉川敏彦会長は七日、報道陣の取材に応じ「パラリンピックのことが抜け落ちている印象だ」と苦言を呈した。  当...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)